入会する
お問い合せ TOP
HOME > ブログ > DtoCとは?メリット・デメリットや成功するポイントも紹介

DtoCとは?メリット・デメリットや成功するポイントも紹介

記事が役に立ったらシェアお願いします/

「DtoCというワードを紙面で見たり聞いたことがあるけれど、どんなものなのか正しくわからない」

そう思う方も多いでしょう。この記事では、DtoCについての詳しい説明だけでなく、注目されている理由やDtoCを行う判断基準について解説します。ぜひご覧ください。

DtoCとは

dtocとは

まずはじめに、DtoCとは「Direct to Consumer」の略語で、自社で企画・製造した商品を仲介業者を通すことなく、顧客に直接販売するビジネスモデルのことです。DtoCでは、ECサイトが使われることが多いです。

DtoCとBtoCの違い

DtoCと似ているビジネスモデルとして、BtoCというものがあります。BtoCは企業と消費者間の取引を指す言葉です。代表的なものとして、コンビニやスーパーなどの小売店が挙げられます。

BtoCモデルは自社で企画や製造はせずに、仲介業者から商品を仕入れて販売しています。主にこの部分がDtoCと違う点です。

DtoCが注目されている理由

DtoCが注目されている理由

DtoCは近年急激に注目されるようになりました。その理由を説明します。

SNSの普及

これまでは、認知度を上げる方法として、費用が高いTVCMや新聞広告などしかありませんでした。

しかし、SNSが普及したことで、企業が顧客と直接コミュニケーションが取れるようになったことで、顧客との信頼関係の構築ができるようになりました。

また、インフルエンサーと呼ばれる人も多数出てきたことで、口コミが広まりやすくなったこともDtoCが注目されるようになった要因のひとつでしょう。

ECモールの拡大

ここ数年でAmazonや楽天などの大手ECモールは拡大していきました。一方で、これまで小売店や量販店で購入していた顧客がAmazonで購入することで、小売店や量販店は売り上げが落ちたり、中には廃業に追い込まれる店もありました。

このままではいけないと危機感を抱いたメーカーが取り入れたのがDtoCです。DtoCでは自社のファンをも獲得するため、大手ECモールに顧客をとられることなく、また大手ECモール内での価格競争にも負けないため、広まっているということです。

DtoCを行う判断基準

DtoCを行う判断基準

ここまでDtoCについて説明してきました。担当者の方は「果たして自社がDtoCを行えるのか」と疑問に思う方も少なくないでしょう。ここからはDtoCを実践する場合の判断基準について説明していきます。

Webマーケターが社内にいるか

DtoCモデルを採用・運用するならば、社内またはパートナーとしてWebマーケターが必要です。なぜなら、DtoCを成功させるには、従来の広告だけでなく、SNSを通じて顧客とコミュニケーションを取らないといけないから。また、SNS以外にもGoogle広告などのWeb全般のマーケティングを行う必要があるため、Webマーケターが社内にいる必要があります。

システム開発の費用を出すことができるか

DtoCでは、自社でサイトやシステムの開発・運用などを行わなければいけません。そのため、数十万〜数千万円の初期費用がかかってしまいます。ただし、初期費用が用意できない、実験的に始めてみたいのであれば、ShopifyやBASEなどのプラットフォームを利用するのも一つの手段です。

商品のブランドや伝えたいメッセージがあるか

DtoCモデルを採用するのは、顧客に自社の商品の魅力をより知ってもらうためです。そのため、商品にブランド価値や、独自の世界観・伝えたいメッセージがない状態で始めても、売上はなかなか伸びないでしょう。

DtoCを始める前に、自社や商品にブランド価値があるか、どんなメッセージを伝えたいのかを確認して取り組むようにしましょう。

まとめ

DtoCについての説明や注目されている理由、取り組む際の判断基準について解説してきました。

DtoCは取り組むために、莫大な費用がかかります。そのため、流行ってるから取り組もうと考えるのではなく、ステップを設計して、段階的に取り組むようにしてください。


【ライター】
佐藤みちたけ

大分出身のライター。起業のワークショップなどを通じて、学校教育に違和感を覚え、高校を中退。その後上京し、17歳の若さでライターとして生計を立てる。現在では、様々な企業や団体でインタビュー記事の執筆や、Webメディアの運営などを行なっている。


プレジデントアカデミー 無料レポート バナー

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 入会申し込み方法
    「社長の基本を知る」プログラムに申し込む

    日本全国35,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミー。「社長の基本を知る」ことをご支援いたします。

    申し込む
    資料