入会する
お問い合せ TOP
HOME > ブログ > 組織づくりにおいて、心理的安全性が重要である3つの理由|高め方も解説

組織づくりにおいて、心理的安全性が重要である3つの理由|高め方も解説

記事が役に立ったらシェアお願いします/

経営におけるチームビルディングで「心理的安全性」という言葉を聞いたことはあるけれど、重要と言われている理由がわからない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、なぜ組織づくりにおいて心理的安全性が重要なのか、そもそも心理的安全性とは何なのかについて説明します。加えて、組織づくりに役立つ心理的安全性を高める方法も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

心理的安全性が注目される背景

心理的安全性が注目される背景

近年、心理的安全性という概念が注目されています。これは、組織のメンバーが自分の意見や感情を自由に表現し、リスクや恐れを感じずに意見を交換できる状態を指します。なぜ心理的安全性が注目されているのでしょうか。

正解がない時代になってきた

今の社会は、単純な正解が存在せず、複雑な問題に直面することが増えてきました。こうした状況では、異なる視点や意見を持つメンバーが集まり、アイデアや解決策を共有することが経営においても重要になってきます。

しかし、組織を構成するメンバーが意見を言いづらい環境では、生産性やイノベーションが阻害されることがあります。

テレワークが普及した

また、働き方においてテレワークの普及により、社員がリモートで働く機会が増えてきました。リモート環境では、直接的なコミュニケーションが制限されるため、心理的安全性がさらに重要になります。

社員がお互いにリモートで自由に意見を発言し、コミュニケーションを図ることで、チーム内の結束力を高めることは働き方の変化における生産性に影響を及ぼしています。

心理的安全性が重要な理由

心理的安全性が重要な理由

ここまでは近年心理的安全性という言葉が経営の組織づくりに関連して注目されている背景を紹介しました。ここからは、心理的安全性が重要と言われている理由を説明していきます。

1. 生産性が向上する

心理的安全性が高い環境では、メンバーが積極的に意見を言い合い、アイデアを出し合うことができます。意見やアイデアを自由に出せることで、創造的な解決策が生まれ、生産性が向上します。

チーム内のメンバーが活発なディスカッションを行い、お互いを高め合うことができるのです。

2. 採用につながる

心理的安全性の高い環境は、優れた人材の採用にも繋がります。優秀な人材は、自分の意見やアイデアを自由に発言できる環境を選ぶ傾向があります。企業が心理的安全性を意識し、整備していることをアピールすることで、人材の獲得競争において有利になるでしょう。

また、リファラル採用など社内の人的つながりから、良い人材の紹介・採用を促すチャンスにも役立ちます。

3. 離職率が低下する

心理的安全性の低い環境では、メンバーがストレスやプレッシャーを感じやすくなります。その結果、心身の健康やワークライフバランスが悪化し、離職率が上昇することがあります。

一方、心理的安全性の高い環境では、メンバーが安心して働けるため、離職率の低下につながるのです。

心理的安全性を高める方法

心理的安全性を高める方法

組織づくりにおいて心理的安全性が重要とわかると、どうすれば自分の会社、もしくはチームでこの要素を高めることができるのだろうかと考える方もいるでしょう。ここからは、心理的安全性を高める方法を紹介します。

「きっかけ」と「みかえり」はセットにする

心理的安全性を高めるためには、メンバーが意見を発言する「きっかけ」と、他のメンバーが真摯に受け入れる「みかえり」がセットになっています。これは、メンバー同士が相互に信頼し合い、オープンなコミュニケーションを図ることが重要です。

心理的安全性が高いチーム(場)にしたいと宣言する

上司やリーダーは、心理的安全性を高めるために自らが率先して取り組むことが必要です。メンバーに向かって「ここは心理的安全性が高いチーム(場)である」と宣言し、信頼関係を築くことが大切です。

心理的安全性を体験できる仕組みをつくる

心理的安全性を体験できる仕組みを作ることも有効です。例えば、定期的なフィードバックセッションやアイデア共有の場を設けることで、メンバーが意見を自由に出し合える環境を整えることができます。

「誰が言ったか」ではなく「何を言ったか」で判断する

心理的安全性が高い環境では、メンバーが意見を発言する際に、「誰が言ったか」ではなく「何を言ったか」で判断することが重要です。否定的な意見や批判的な意見であっても、建設的な意見として受け入れる姿勢が求められます。

まとめ

心理的安全性は、経営の要素のチームビルディングや組織活性の向上に欠かせない要素です。心理的安全性が高まれば、生産性が向上し、採用にも繋がり、離職率の低下にもつながるでしょう。

また、心理的安全性を高めるためには、コミュニケーションの活発化や信頼関係の構築を促す施策が重要です。ぜひ、心理的安全性を意識し、チームや組織の成果を向上させるための取り組みを始めてみてください。

 


プレジデントアカデミー 無料レポート バナー

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 入会申し込み方法
    「社長の基本を知る」プログラムに申し込む

    日本全国35,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミー。「社長の基本を知る」ことをご支援いたします。

    申し込む
    資料